司法書士・行政書士のトリニティグループ

ご相談・お問い合わせ

  • 06-6131-8911
  • 03-6268-8881

相続対策(相続税対策等)

相続税対策

相続税対策とはどのようなものですか?

生前のうちに、相続税の納税額が少なくなるよう対策をとることです。平成27年の法改正により、相続税を支払う人の割合が大幅に増えたと言われています。
残されるご家族のためにも、一度ご自身の財産を見直しておくことが重要です。
相続税対策と一口にいっても、生命保険や不動産の購入、養子縁組など様々な方法が考えられ、どのように対策をしていくかの検討はある程度時間をかけて行う必要があります。
また、対策の一つである生前贈与は、早く始めれば早く始めた分だけ効果が高まるため、相続対策の検討は早めに始めておくほうがよい、といえます。

相続税対策には、具体的にどのようなものがありますか?

相続税の対象財産から一部控除されるものとして、死亡保険金や死亡退職金があります。(控除額:相続人の人数×500万円)したがって、財産の一部を使って保険に入っておくことで相続税を軽減する効果を得ることができます。
また、養子縁組により相続人を増やすことで、基礎控除額を増やす方法や、生前贈与により対象財産を少なくする方法、現金を使って収益物件を購入することで、財産の評価を下げる方法など、様々な方法が考えられます。
財産状況やご家庭の事情により適した対策方法が変わりますので、具体的な対策に関してはぜひお気軽に当事務所までお問い合わせください。

相続税対策の費用はどれくらいかかりますか?

初回のご相談は無料です。相続税対策のサポート費用に関しては、対策の方法により大きく異なりますので、相続税対策の費用感を把握する意味でも、無料相談をぜひご活用ください。

お気軽にお問い合わせ下さい。

土日、夜間のご面談も対応致します。(※要事前予約)