司法書士・行政書士のトリニティグループ

ご相談・お問い合わせ

  • 06-6131-8911
  • 03-6268-8881

死後事務委任契約

死後事務委任契約

死後事務委任契約とはどういうものですか?

死後事務委任契約とは、お客様(委任者)が第三者(受任者)に対し、自身が亡くなった後の手続、葬儀等の諸々の事務に関して代理権を付与するし、手続きを委任する契約をいいます。

死後事務委任契約で委任できる手続にはどのようなものがあるでしょうか?

・あらかじめ希望した方への訃報連絡
・葬儀手続き、火葬に関する手続き
・埋葬・散骨に関する手続き
・病院、医療施設の退院、退所手続き
・公共サービス等の解約、精算手続き
・公的年金の停止手続き、保険証等返還手続き
・住居引き渡しまでの管理、退去手続き
・住居内の遺品整理立会

死後事務委任契約をするメリットはなんですか?

死後事務委任契約を締結しておくことで、自身が亡くなった後の手続きに関し、ご自身の意思を反映させることができます。
遺言書にも、自身が亡くなった後の諸々の手続きについて、意思を記載することはできますが、そこに法的な拘束力はなく(遺言では遺産の分配関連以外のことについて法的な効力を発生させることはできません。)、確実にそのような手続きが行われるとは限りません。
しかし、死後事務委任契約を結べば、亡くなった後の手続きを、信頼できる第三者に予め任せておけるので、死亡時の備えとして安心です。
最近は、一人暮らしでご高齢者の方が、自身が亡くなった後に、お子様やご親戚、ご近所の方々などにご迷惑をかけることなく、葬儀や諸々の身辺整理をしたいので、死後事務委任契約を締結したいというご相談が多くあります。

費用はどれくらいかかりますか?

葬儀費用、納骨(散骨)費用、遺品整理費用など各業者への費用がかかります。
その他、弊社が受任者となった場合は契約費用及び死後事務執行費用がかかります。個別のお見積りはこちらからお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問い合わせ下さい。

土日、夜間のご面談も対応致します。(※要事前予約)