司法書士・行政書士のトリニティグループ

ご相談・お問い合わせ

  • 06-6131-8911
  • 03-6268-8881

遺産整理・相続手続(相続登記等)

遺産整理・相続手続(相続登記等)

遺産整理・相続手続とはどういうものですか?

遺産整理・相続手続とは、人が亡くなった場合にしなければいけない手続き全般のことをいいます。相続手続には50種類以上あり、専門的な手続もあるために非常に煩雑です。
当事務所では、亡くなった方の財産調査から不動産、預貯金、有価証券等の名義変更手続、相続税の申告、生命保険金の請求、遺産分割手続まで相続に関するあらゆる手続のサポートをしております。
相続手続の中には、亡くなった方の戸籍等、様々な書類を取り寄せなければならないにもかかわらず、期限が短期間に設定されているものもありますので、手続きが難しいと感じたらお気軽に当事務所までご相談ください

遺産整理・相続手続には具体的にどのような内容のものがありますか?

様々な手続の中でも重要なものとして不動産の名義変更の手続があります。不動産の名義変更とは、故人の名義となっている不動産を相続した方の名義に変更することをいいます。
不動産の名義変更をしないまま放置すると、相続すべき人にさらに相続が発生して、手続が非常に複雑になってしまうことがありますので、早めに手続きをしておいた方が無難です。
また、不動産の相続による名義変更では亡くなった方の戸籍の収集や遺産分割協議書の作成など手続きが非常に煩雑です。
その他にも公共料金の名義変更・解約、保険や年金の手続き、相続税の申告など、数多くの手続きが存在しています。

遺産整理・相続手続の具体的な手続きの流れについて教えて下さい。

故人の没日から7日以内に死亡届の提出を行います。
またその後なるべく早く公共料金や電話、保険金や年金などの各種手続きを行います。
故人に負債があり相続放棄をお考えの場合は、没日から3か月以内に家庭裁判所へ申し立てる必要があります。
相続税が発生する場合は没日から10か月以内の申告が必要となります。
当事務所では、相続問題に精通した経験豊かなスタッフが丁寧・迅速な対応をしております。
また、相続に関する様々な専門家と提携しておりますので、ワンストップで問題を解決することができます。どうぞ、お気軽にご相談下さい。

遺産整理・相続手続の費用はどれくらいかかりますか?

戸籍等公的書面の取得には発行手数料がかかります。例えば、戸籍謄本なら1通450円、除籍謄本なら1通750円です。
手続きに必要な戸籍をすべてそろえると5通~10通程度になりますので、それだけでも数千円の費用が発生します。 
また不動産の名義変更の際には「登録免許税」という税金を納める必要があります。税率は対象不動産の固定資産税評価額の0.4%。
つまり、仮に3000万円の評価額の不動産を相続した場合には12万円を登録免許税として納めることになります。
また、相続の手続きを司法書士や行政書士、税理士といった専門家に依頼した場合には、専門家に対する報酬が発生します。
報酬額は手続きの内容によって大きく異なっており、相続税の申告まで必要な手続きでは、100万円を超えることも考えられます。
相続税が発生しない場合には、10万円~50万円程度に納まることが多いようです。

お気軽にお問い合わせ下さい。

土日、夜間のご面談も対応致します。(※要事前予約)