司法書士・行政書士のトリニティグループ

ご相談・お問い合わせ

  • 06-6131-8911
  • 03-6268-8881

協会(一般社団・財団法人)の設立

協会(一般社団・財団法人)の設立

協会(一般社団・財団法人)の設立とはどういうものですか?

一定の業種や職種が集まった団体を○○協会として設立するケースはよくあります。
そして、その○○協会の法的な主体として、一般社団法人や一般財団法人が選ばれるケースが非常に多くなっています。
その主な理由としては、比較的設立の手続きが容易であること、事業目的に営利性を持たせなくてよいところが協会の趣旨と一致しているところが挙げられます。

協会(一般社団・財団法人)の設立は具体的にどのように行うのですか?

協会の主体する法人は、一般社団法人とする場合と一般財団法人とする場合があります。
一般社団法人は設立に必要な条件は社員が2名いることのみであるのに対し、一般財団法人は役員として最低7名のメンバーを集め、さらに拠出金として最低300万円を用意しなければ設立することができないことから、一般社団法人が利用されるケースが比較的多くなっています。

協会(一般社団・財団法人)の設立はどのようなメリットがあるのですか?

○○協会という団体に法人格を与え、協会本体が契約の主体となったり銀行口座を開設できるようになることが一般社団法人・一般財団法人を活用して協会を設立することの最大のメリットです。
また、協会の事業として、教育等と行う場合には、その事業に関して法人税を非課税にできる可能性があり、その点でも大きなメリットがあります。

協会(一般社団・財団法人)の設立はどのような場合に必要になるのですか?

○○協会を設立する際に、法人格を持たせたい場合に最適です。
協会に法人格がない場合には、銀行口座は代表者個人のものをつかわなければならず、また契約の主体にも代表者個人がならざるを得ませんので、スケールの大きな展開は難しくなります。
協会として会員を抱え、広く社会に認知される存在を目指す場合には、法人格の取得が必須となり、その選択肢として一般財団法人や一般財団法人が上がってくることになります。

協会(一般社団・財団法人)の設立の費用はどれくらいかかりますか。 

定款の認証費用5万円強、登録免許税6万円がかかります。
一般財団法人の設立に関しては拠出金の300万円も用意する必要が出てきます。
手数料も含めた個別のお見積りはこちらまでお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい。

土日、夜間のご面談も対応致します。(※要事前予約)

ご相談やお見積もりまずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

取材のご依頼はこちら