司法書士・行政書士のトリニティグループ

ご相談・お問い合わせ

  • 06-6131-8911
  • 03-6268-8881

認定講師規約その他書類の作成

認定講師規約その他書類の作成

認定講師規約とはどういうものですか?

協会事業の運営において、協会のライセンス(資格)を付与して活動を行う認定講師と法的な権利義務関係を明確にするために取り交わす契約書・規約のことです。
認定講師との関係を規約等の文書で明確にすることで、協会の著作権等の知的財産権の保護とトラブルの防止の効果を見込めます。

具体的にはどのような内容を規約に盛り込むのでしょうか?

協会のビジネス構造や資格の内容を予めお伺いした上で、その協会に適した以下のような内容を盛り込みます。
「認定講師としての資格の付与の要件(誰が認定を受けられるのか)」
「認定講師ができること・できない(禁止されている)こと」
「商標権や著作権をはじめとした協会の保有する権利の帰属先」
「年会費やコンテンツ使用料といった協会と講師との収益の帰属先の取り決め」
「認定講師が資格を用いて講座を開催する場合の開催方法等」
etc...

規約を作成するメリットはあるのでしょうか?

認定講師とのトラブルを未然に防ぐことができます。
また、トラブルになった場合でも、最初に規約や契約書を取り交わしていることで、その規約の内容に沿って対処することができ、ビジネス面の損害を最小限に抑えることもできます。

認定講師規約以外の規約・契約書も作成してもらえるのでしょうか?

認定講師の規約だけでなく、例えば講座受講規約、プライバシーポリシー、会員制度を設ける場合の会員規約等の規約・契約書の作成にもご対応いたします。
また、それら以外の規約・契約書も、ご要望にお応えして作成することが可能です。

作成費用はどれくらいかかりますか?

作成する規約・契約書の内容、分量により異なりますので、先ずは「規約等の書類作成の希望」と表記の上、こちらまで、お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい。

土日、夜間のご面談も対応致します。(※要事前予約)

ご相談やお見積もりまずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

取材のご依頼はこちら