司法書士・行政書士のトリニティグループ

ご相談・お問い合わせ

  • 06-6131-8911
  • 03-6268-8881

一般社団・財団法人を活用した事業承継

一般社団・財団法人を活用した事業承継

一般社団・財団法人を活用した事業承継とはどういうものですか?

事業承継を行うにあたり、最も問題となるのは会社の株式の管理です。
株主を有する者、すなわち株主は、株主総会における議決権の行使を通じて会社の経営に深くかかわることができるため、経営者や後継者以外の人物に渡ってしまうと後々会社の経営に支障をきたす可能性があります。
しかし、会社設立時から事業承継を意識して株主を設定していたような会社はほとんどないため、株式が経営に直接かかわっていない経営者の相続人に株式が分散してしまう、設立当時には一緒に会社を立ち上げたものの、その後関係性がなくなった人物が、まだ株主としてだけ存在する、というケースが散見されます。
このような株式の分散を避け、また、分散した株式を再び集めるために、一般社団法人や一般財団法人などを立ち上げ、その法人に株式を集める、という手法があります。

一般社団・財団法人を活用した事業承継はどのようなメリットがあるのですか?

一般社団法人や一般財団法人といった法人には、死亡の概念がなく相続が発生しませんので、相続によって株主の相続人に株式が分散してしまうという現象をあらかじめ回避することが可能です。
また、法人の支配権を有する社員や理事の決定方法に関して定款で柔軟に規定することができますので、経営陣の状況に応じた株式の支配が可能となります。

一般社団・財団法人を活用した事業承継の依頼は東京や大阪以外に所在する会社でも依頼できますか?

事業承継が絡む事案は、綿密なヒアリングや打ち合わせが必要になるため、あまりに遠方だとそれらの調整に時間とコストが発生する可能性がありますが、できる限りご要望に沿えるように尽力させていただきます。
まずはお気軽にお問い合わせください。

一般社団・財団法人を活用した事業承継のサポート費用はどれくらいかかりますか。

一般社団法人や一般財団法人の設立には、その登記の際に最低3万円の登録免許税がかかります。
弊社の報酬に関しては案件によって検討事項や作業の量が異なりますので、その都度お見積りを出させていただいています。
個別のお見積りはこちらまでお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい。

土日、夜間のご面談も対応致します。(※要事前予約)

ご相談やお見積もりまずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

取材のご依頼はこちら