司法書士・行政書士のトリニティグループ

ご相談・お問い合わせ

  • 06-6131-8911
  • 03-6268-8881

代表挨拶

 
 


渋谷のある企業のオフィスでの一角を間借りし、
トリニティグループを創業してから10年以上が経過しました。
 
光陰矢の如し。時が経つのはとても早いものです。
 
私どもトリニティグループは継続的に組織成長をし続け
司法書士を中心とした士業グループとしては他にあまり類をみない
組織的展開ができるようになりました。
 
創業当初は商業登記を得意な領域として展開を始め
次第に個人の相続や遺言、家族信託のコンサルティング
事業承継のコンサルティングといった領域に展開をしています。
 
また、新型コロナ・ウィルスショックにより
景気のトレンドが変化することに伴い
中小企業の企業再生、M&Aといった領域にも展開を始めています。
 
「書面作成1枚いくら」「手続き1件いくら」といった
旧来の業務に囚われることなく
コンサルティングfeeやアドバイザリーfeeを収益源とし
また、プロ向けのデジタルコンテンツ配信による
サブスクリプションモデルを中心とした
「知的生産モデル」へシフトしていく。
 
司法書士を中心とした士業グループが
この「知的生産モデル」をどこまで実現できるのか。
 
私どもトリニティグループの挑戦です。
 
挑戦の結果として、時間あたり生産性は
向上しそれに伴ってトリニティグループのメンバーの所得も向上する。
 
メンバーの経済的な充実は、人生の幸福につながる。
 
人生の幸福度を少しずつでも向上させていくことが
私の経営者としての使命です。
 
トリニティグループの企業理念である売手よし・買手よし・世間よし
「三方良し」の実現の方法です。
 
 
アフター・コロナの時代においては、更にデジタル化の進展は進み
単なる手続き業務の重要性は薄れていくことでしょう。
 
それでも終局的に、士業がその役割を終えることはないと私は断言します。
 
なぜか?
 
社会ある限り、そこには「法」があり
「法」を解釈し運用・活用することは高度な専門性を伴います。
 
それは歴史をみても明らかです。
 
つまり、私たちは時代に即した本質的な専門性を有する限り
役割は尽きないのです。
 
日本という素晴らしい国の地域に根ざし
グローバルではなくローカルの世界で
身近な「半径5メートルの人たち」を幸せにしていく。
 
日々、私たちを頼ってきてくださるお客様を
サポートしながらこの社会の「一隅」を照らしていく。
 
メンバー一同、時代の変化に合わせ学び・実践をし
法的スキルを磨き続けてまいります。
 
これからも、よろしくお願いいたします。
 
2020年5月7日
 
司法書士法人トリニティグループ
株式会社トリニティ総研 代表 磨和寛
 

ご相談やお見積もりまずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

取材のご依頼はこちら