遺言書作成

遺言書は必要ですか?

遺言書は、残される大切な方へ送る最後のメッセージです。
人は財産を持って天国へと旅立つことはできません。
故人の財産は、残された方々で分けることになります。
「うちの子たちは揉めたりしないわ」
「揉めるほどの財産なんてうちにはないよ」
そんなことを思ってはいませんか?
しかし、何が起こるかわからないのが相続です。
遺言書を残すことで争いを避けることができます。
自分の想いを伝えることができます。
『争続』を避け『想続』へ。
自分のために、残される大切な方のために、
心を込めて遺言書を残しましょう。

公正証書遺言とは何ですか?

公正証書遺言とは、遺言者が、証人2名の立会のもと、公証人に遺言の内容を伝え、それに基づいて公証人が公正証書として作成した遺言書です。
完成した遺言書の原本は、公証役場に保管され、遺言者には、遺言書の謄本が交付されます。遺言者の死後、公証役場に遺言書の有無を照会することも可能です。
他の形式の遺言と異なり、家庭裁判所で検認の手続きを経る必要がありません。

遺言書の検認とは何ですか?

遺言書の検認とは、遺言者の死後、相続人に遺言の存在をその内容を知らせるとともに、検認の日現在における遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名など遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造や変造を防止するための手続です。

民法には、「遺言書の保管者又は遺言書を発見した相続人は、遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して、 その検認を請求しなければならない」と規定があります。
なお、検認手続きの有無は遺言の効力そのものには影響を与えません。ただし、遺言書の検認を行わなかった者は5万円以下の過科に処せられます。

相自筆証書遺言とは何ですか?

自筆証書遺言とは、 遺言者が、遺言者の氏名、日付、遺言書の内容の全てを手書きして、これに押印をする方法で作成された遺言書です。
自筆証書遺言は、簡単に作成することができますが、その反面、紛失や変造のリスクが高いといえます。

また、自筆証書遺言では、記載を間違えてしまった場合には、 遺言者がその場所を指示し、 これを変更した旨を付記して自署し、 かつその変更場所に押印しなければならないという規定があり、この訂正がきちんとできていないと訂正はないものとみなされてしまいます。途中で記載を間違えてしまった場合は、新たに書き直すことをお勧めします。
また、遺言者の死亡後に家庭裁判所で検認手続きを行う必要があります。

秘密証書遺言とは何ですか?

秘密証書遺言とは、遺言者が作成した遺言書について、内容を秘密にしたまま、公証人に遺言書の「存在」のみを証明してもらった遺言書です。
遺言書は手書きである必要はありませんが、遺言者は必ず自署し、これに押印する必要があります。また、遺言書は封筒に入れて、遺言書に押印した印鑑と同じ印鑑で封印をする必要があります。
遺言書を作成したら、公証役場に手続きを依頼し、所定の手続きを経て秘密証書遺言が完成します。
その際、証人が二人必要となります。手続きが完了したら、完成した遺言書は遺言者が保管します。
また、遺言者の死亡後に家庭裁判所で検認の手続きを行う必要があります。

トリニティグループには具体的に、どのようなことをお願い出来るのですか?

弊社の経験豊富な司法書士及び行政書士が、お客様のご要望をお伺いして、遺言の種類、内容等をアドバイスしながら、お客様のご希望を叶える遺言書の作成をサポートいたします。

費用はどれ位かかりますか?

公正証書遺言の作成サポート 15万円~(公証役場の費用は別途生じます。)
自筆証書遺言の作成サポート 8万円~
秘密証書遺言の作成サポート 15万円~(公証役場の費用は別途生じます。)

具体的なお見積りはこちらまで。

お気軽にお問い合わせ下さい。

土日、夜間のご面談も対応致します。(※要事前予約)

 

ページトップへ戻る