産廃業者の許可

どのような時に産業廃棄物収集運搬業の許可が必要ですか?

他人から委託を受けて、産業廃棄物の収集運搬を行なおうとする者は、その区域を管轄する都道府県知事の許可を受けなければなりません。

どこで手続きをすればいいのですか?

産業廃棄物を積む場所と降ろす場所の都道府県への申請が必要です。
例えば東京都内で積んで埼玉県内で降ろすような可能性がある事業の場合、東京都知事と埼玉県知事の2箇所申請が必要となります。

申請から許可までの期間は?

平成23年4月の法改正以降、審査期間が全体的に長くなっています。
自治体にもよりますが、現在は2ヶ月~2ヶ月半程度必要です。

利益が出ていないのですが、申請は無理ですか?

経理的基礎を有すると判断されるためには、「利益が計上されていること」「債務超過の状態でないこと」が必要です。
しかし、例えば、利益が出ていないという場合でも、経理的基礎を有することを証する書面の追加提出により経理的基礎があると判断される事があります。
但しこの場合、収支計画書や事業計画書などが必要となりますので、先ずはお気軽にご相談ください。

収集運搬車両が1台でも許可は受けられますか?

その車両が一定の要件を満たしていれば、1台でも可能です。

収集運搬に使用する車両は自社(申請者)の所有である事が必要ですか?

リース車両や賃貸車両でも申請は可能です。

一度許可を受ければ、更新は不要ですか?

許可の有効期間は原則として5年間です。
事業を継続するためには更新許可申請をしなければなりません。

トリニティグループに依頼するメリットは何ですか?

各都道府県への手続きは、不備が多ければ受け付けてもらえなかったり、書類不足により正しい判断がされずに不許可になるなど、知識や経験がないと、時間と手間がかかってしまいます。
手続きをスムーズに進めるためにも、経験を積んでいる専門家にお任せいただくことをお薦めします。

手続きをお願いした場合、費用はどれ位かかりますか?

費用は下記の通りです。

  報酬 実費
新規許可申請 90,000円 81,000円
更新許可申請 80,000円 73,000円
変更許可申請 80,000円 71,000円

※一括でのご依頼の場合、2件目以降は報酬を半額にさせていただいております。
※東京都の更新許可申請における実費は42,000円です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

土日、夜間のご面談も対応致します。(※要事前予約)

 

ページトップへ戻る