旅行業者の登録

旅行業って何?

旅行業法に定められている次の要件を備えている事業のことです。
①報酬を得る。
②一定の旅行業務(*)を行うこと。

(*)

  • 旅行者の募集のためにあらかじめ、又は旅行者からの依頼により旅行の計画を作成するとともに、旅行者に提供する旅行サービスに係る契約を自己の計算により運送等サービス機関と締結する行為
  • ⅰに付随して、運送等関連サービスを旅行者に提供するため運送等関連サービス機関と自己の計算により契約を締結する行為
  • 運送等サービスの提供を受けることについて、旅行者に代理して契約を締結し、媒介し、又は取次ぎをする行為
  • 運送等サービスの提供をすることについて、運送等サービスを提供する者に代理して契約を締結し、媒介する行為
  • 利用運送・利用宿泊行為
  • 運送等関連サービスの提供を受けることについて、旅行者に代理して契約を締結し、媒介し、又は取次ぎをする行為
  • 運送等サービス以外の旅行サービスの提供を受けることについて、運送等関連サービスを提供する者に代理して契約を締結し、媒介する行為
  • ⅰ及びⅲからⅴまでの行為に付随する手続きの代行及び便宜上のサービス提供行為
  • 旅行に関する相談に応じる行為

誰でも出来ますか?

一定の登録が必要になります。
取り扱う業務の種類によって登録の申請先が異なります。
第1種旅行業・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・観光庁長官
第2種旅行業、第3種旅行業、地域限定旅行業、旅行業者代理業・・・都道府県知事

費用ってどのくらいかかるの?

新規登録の際、行政機関に対する登録免許税という手数料が必要です。

第1種旅行業・・・・・・・・・・・・・・・9万円
第2種旅行業、第3種旅行業、・・・・・・都道府県によって異なります。(東京の場合9万円)
旅行業代理業・・・・・・・都道府県によって異なります。(東京の場合9万円)

その他の手続き費用に関しては弊社に直接お問い合わせ下さい。

申請から営業開始するまでどのくらいの期間がかかるの?

種別によって異なりますが、以下のようになります。

①第1種旅行業・・・約60日
②第2種旅行業、第3種旅行業、旅行業者代理業・・・都道府県によって異なります。(東京都の場合、約40日)

登録を受けたらすぐに営業を開始できるの?

旅行業は、人の命を預かる非常に重要な業務です。事故等が起きた場合、損害の担保として登録の通知を受けた日から14日以内に保証金を法務局に供託する必要があります。
供託金の額は種別によって異なります。以下は最低額になります。

①第1種旅行業・・・7000万円
②第2種旅行業・・・1100万円
③第3種旅行業・・・300万円
④地域限定旅行業・・100万円

ただ、この金銭的負担は旅行業協会に入会(*)することで、最低営業保証金を最大5分の1まで抑えることができます。

(*)入会するには、別途入会費、年会費等の費用が必要になります。

基準資産額(*)が一定以上必要って聞いたけど

その通りです。旅行業者代理業以外は、その種別により一定額以上が必要になります。
(*)旅行業を営む際に必要とされる基礎財産です。

①第1種旅行業・・・3000万円以上
②第2種旅行業・・・700万円以上
③第3種旅行業・・・300万円以上
④地域限定旅行業・・・100万円以上

旅行業取扱管理者って何ですか?

旅行の取引条件の説明、契約書面の交付などの業務の管理及び監督を行う機関です。
旅行業を営む際に営業所ごとに必ず1人以上(*)置くこととされています。

(*)旅行業に関わる従業員数が10人以上の営業所においては2人以上置くこととされています。

登録の有効期間てあるの?

登録の日から起算して5年間です。(*)
更新は、有効期限の2か月前までにその申請をする必要があります。

(*)旅行業者代理業には、有効期間の定めはありません。

やっぱり専門家に依頼した方がいいのかな?

ご自身で行うことも可能です。しかし、申請の際に収集すべき添付書面が多く、その収集作業や登録先の行政機関との事前の打ち合わせ等面倒な作業が必要です。
弊社にご依頼をいただければ、これらのことは全て弊社がお客様に代わって行います。

お気軽にお問い合わせ下さい。

土日、夜間のご面談も対応致します。(※要事前予約)

 

ページトップへ戻る