会社の設立

株式会社ってどうやってつくるの?

法務局に設立登記の申請をすることにより成立致します。
まずは、設立日をお決めください。弊社がそこから逆算して手続きを進めて参ります。

どんな流れで進めるの?

以下がフローチャートです。

会社設立フロー

費用ってどのくらいかかるの?

①登記申請の際の登録免許税・・・15万円~
(資本金の額の0.7%、上記は最低額です。)

②定款認証費用・・・5万2000円

③手続き完了後の登記事項証明書、印鑑証明書の取得・・・1050円
(各1通ずつの場合)

上記は基本的な実費になります。他には以下の費用があります。

①弊社の手続き報酬 9万円
②お客様や法務局との郵送での書類のやり取りによる郵送費
③会社実印等の作成代行を行った際の作成代行費

株式会社の他に合同会社というのがあるって聞いたけど・・・

持分会社と呼ばれる会社形態のひとつです。多数の出資者の参加を想定している株式会社と異なり、少人数の社員で事業を行うことを予定している会社類型です。

手続きの進め方は株式会社とどう違うの?

基本的に同じですが、合同会社は定款の認証が必要ありません。
つまり、合同会社の設立では定款認証費用の5万2000円が不要になります。
また、登録免許税の最低額も6万円なっており、その分株式会社よりも比較的短期間で安く設立が可能です。

やっぱり専門家に任せた方がいいのかな?

ご自身で行うことも可能です。
しかし、弊社にご依頼いただければ以下のメリットがございます。

  • 公証人との事前の打ち合わせや法務局との煩雑なやり取りをする必要がございません。
  • お客様ご自身で書面での定款認証をする場合、認証費用の他に印紙代として4万円が必要になります。その点弊社の場合、電子定款認証に対応しているため収入印紙代4万円を節約することが出来ます。
  • 弊社では、会社実印等の印鑑の作成代行も承っておりますので、お客様に押印していただく書類も最小限に抑えることが可能なのでご負担が少なく済みます。
  • 株式会社と合同会社どちらがいいのか決めかねていらっしゃる方には、設立時はもちろん設立後の双方のメリット・デメリットも総合考慮した上でアドバイスさせていただきます。

このようになかなかお時間が取れない方や少しでも安く会社を作りたいという方は是非弊社にご依頼いただくことをお勧め致します。

お気軽にお問い合わせ下さい。

土日、夜間のご面談も対応致します。(※要事前予約)

 

ページトップへ戻る